吉岡加織です。

暖かくなったり、寒くなったり、しますね。
今日はちょっと寒かった京都です。

ところで、先日、生地を染めに出しました。
今日はそのお話を。。

KYOTO 加織屋の生地は、オリジナルカラーの正絹(シルク)です。
私が色を決めて、京都の染屋さんに、染めて頂いています。

頭でイメージした色から、色見本帳から色を選ぶことが多いですが、
それでも思った色がなければ、本を見たり、
絵具で色を作って紙に描いたりして、
そして、染屋さんに見本を渡します。

毎回、色選びは、本当に悩みます。色は無限ですしね。
今回は、4色、染めることにしたのですが、
その中の2色、最後まで悩みました。

iroe
ピンク系と紺色系、それぞれどちらにしようかな、と。
一度決めても、
いや・・・・あっちのほうがいいかな・・・・とさんざん悩み
数日かけて色を決めました。

手持ちの生地との相性もあるので、生地を出して
部屋は散らかります。。^^;

iroe2

 

こちらは大人しい画像ですが、実際は数十種類の生地、そして色見本帳と
お部屋は散乱状態・・・。。。^^;

色を決めて、染屋さんに出して、もうすぐ仕上がってきます。

こんな風に、色選びをしていると、
世の中の服や、雑貨、色々なもの、
きっと、すごく時間をかけて考えぬいて、色を決めたりしているんだろうなあ、と
そんな風に想像しますね。
色だけではないでしょうけれど。。

そんなもの達の中から、自分の好みで選んで、そして大事にしていきたいですね♪(^-^)

それではまた☆